更年期障害を改善する|危険なサインを見逃さない

看護師

食生活を改善する

笑顔の男性

現代の日本は食の欧米化と言われているで、高カロリーで脂質の多い偏った食事をする人が増えています。バランスを崩した食事は栄養を摂取することができないので危険です。その為、最近は年齢関係なく心筋梗塞を発症する人が増えてきています。

心筋梗塞とは、動脈硬化が原因となっています。偏った食事を続けることで、血液がドロドロになってしまい血液の流れが悪くなってしまいます。そうすることで、血栓ができ血液が通る道を塞いでしまうのです。その為、心筋梗塞が引き起こされてしまいます。

動脈硬化の原因は食生活だけではありません。喫煙をしたり、アルコールを過剰に摂取したりすることが原因となる場合もあります。また、ストレスとも関係があることが確認されています。現代はストレス社会なので、仕事や人間関係でストレスが蓄積される人が急増しています。ストレスを感じることで体調不良になってしまうので、動脈硬化になるリスクも上がるのです。

心筋梗塞を予防するには生活習慣を改善する必要がありますが、動脈硬化は徐々に進んでいくので、気付いた時には症状がかなり進行している場合もあります。その為、心筋梗塞を予防するには正しいアドバイスを受ける必要があります。病院では心筋梗塞や生活習慣病の予防として、食事のアドバイスを受けることができます。バランスの良い栄養の摂れる食生活にすることで心筋梗塞を予防できますし、病院で定期的に健康診断を受けましょう。