更年期障害を改善する|危険なサインを見逃さない

看護師

増加している病気

案内

糖尿病は一度発症すると完治することができない病気ですが、医療技術が発達したことにより糖尿病はコントロールができる時代となりました。小岩でも糖尿病は年々増加している病気となっており、日本では糖尿病の予備軍は5人に1人の割り合いとされています。その為、糖尿病は誰にでも起こりえる病気となるので、注意をすることが必要になります。

一口に糖尿病といっても、大きく分けると2つの種類が存在します。1つ目は、「1型糖尿病」です。1型は、インスリンを作ることができません。インスリンを作ることができないと血糖値を下げることができないので、糖尿病の症状が悪化します。その為、1型はインスリンを体内に注入する治療をすることで、普通と変わらない生活を送ることができます。2つ目は「2型糖尿病」です。2型は1型と違い、インスリンを作り出すことはできますが、その量が十分でない為に、糖尿病を発症します。2型の場合は、食事療法や内服薬を使用しての治療や、1型と同じようにインスリンを注射する治療を受けることができます。

糖尿病になってしまうと合併症を引き起こすリスクも生まれます。糖尿病が原因で失明したり、高血圧になったりすることがあります。その為、小岩には数多くの病院があるので、小岩で糖尿病の症状が発症した人は、正しい治療を受けることが必要となります。小岩では糖尿病の症状に合わせた治療を受けることができます。